席札を手作りしたときのポイント

席札を手作りしたときのポイント

結婚式は招待状からはじまり、いろいろなものにお金がたくさん必要になってきてしまうイベントです。一生に一度のことだからこだわりたいことや、たった数分のことだから節約したいことなどがあります。その中でも節約しているけど、ケチったなと思われない節約は招待状や席札席次表の手作りです。

実際私も結婚式で大幅なコストカットのために招待状と席次表と席札を手作りにしました。今はペーパーアイテムは持ち込み可能というところも多いので節約できるポイントだと思います。そして式場のサンプルにはないデザインなどを自分で探すこともできるのでこだわりアイテムのひとつとしてもできるポイントです。席札は自分の式のテーマやこだわりを詰め込める1つのアイテムであるため、どのような席次表があるかをインターネットを使用して情報収集することがまず1つめのポイントです。

例えば、お皿の上に置くような置き型のものや、箸置きになるようなもの、シャンパングラスに飾る形のものなど飾り方のひとつでも全く違います。デザインに関しては自分の結婚式のテーマであるものを組み込んだものを使用できるとさらに納得のいくものとなるでしょう。

自分自身はディズニーをテーマにしていてシンデレラのドレスを着るため、席札は馬車やシンデレラ城をイメージしたものにしたいと考え、席次表とセットになっている馬車のものにしました。シャンパングラスに立てるものが理想であり実際にそのようなものがあったため即決でした。シャンパングラスにかけるものは来賓者への手紙は書きにくいという難点もあるので、手紙やメッセージを入れたい場合は別で準備するか、テーブルにセットするものにするとよいでしょう。

また、招待状や席次表との統一感がほしいという方はすべてがセットになっているものや、シリーズとして販売されているものを選択すると統一感が出てよいでしょう。まずは席札がどのようなものがあるのか、自分の理想とするイメージはどのようなものか、手紙を準備したいのかなどを考えて検索してみることがおすすめです。